疲労やストレスは溜め込む前に解消しよう

自身に適した方法

ストレスに弱い人は、ストレスを発散するのも苦手な傾向があります。様々なストレス解消法がありますが、自身に合う方法でなければ意味がありません。今は癒しグッズなども沢山出ているので、色々と試していきましょう。

生活リズムを崩さない為に大切なこと

  • たっぷりの睡眠
  • 栄養バランスの良い食事
  • 一人で過ごす時間を作る

無理をしない

疲労からストレスに繋がるので、まずは疲労を溜めないことが重要です。規則正しい生活を送ることはありますが、無理をして正そうとすると逆に疲れることもあります。出来ることから始めていくようにしましょう。

主に二種類のストレスがあります!

自覚のあるストレス

嫌いな食べ物を食べたり、嫌いなものを見たりすると誰もが嫌な気持ちになるでしょう。こうした行為は自身で避けられるので、上手くコントロールすればストレスを溜め込まずに済みます。

自覚のないストレス

仕事をしていたり、友達と遊んでいたりする時間は誰にでもあります。このような普段の何気ない行動でも、実はストレスを感じていることがあるのです。一番怖いのは無自覚のストレスです。酷くなると蕁麻疹が出ることもあるので、その時はすぐに病院へ行きましょう。

限界を迎える前に対処

東京や神奈川を始め、都会にはカウンセラーの数も多いです。社会で頑張るサラリーマンやOLなら誰でもストレスを溜めているでしょう。人によってストレスの感じ方は様々なので、抱えきれない場合は迷わずカウンセリングを受けましょう。

相談から解決までの流れ

まずはカウンセリング

身体に目立った症状が出なくても調子の悪い時はあるでしょう。心がモヤモヤするなら、心療内科を受診すると良いです。初めての来院ならカルテを作成します。普段の食事や睡眠時間などについて正直に書きましょう。それからカウンセリングから始まるので、気になる症状や心の状態を話します。

原因を見つけてもらう

カウンセラーは、患者のカルテや症状から様々な原因を考えます。それに合った解決法を見つけてくれるでしょう。症状が軽ければ、話を聞いてもらうだけで治る場合もあるようです。カウンセリングだけでも大丈夫ですが、薬での治療を望んでいるのなら医師による診断も必要です。

薬で治していく

医師は薬の種類や効き目、副作用などを詳しく教えてくれます。それらに納得したら薬の服用を希望しましょう。服用を始めてから違和感があれば、すぐに相談するようにします。

[PR]

産業医の仲介業者をピックアップ♪
社員の健康を守ろう

疲労を溜め込まない

ドクター

溜めすぎにご用心

自身にどれだけの疲労が溜まっているのかを把握することは難しいです。疲労やストレスは目に見えないので、溜め過ぎて体調を崩す人もいるでしょう。まずはカウンセリングを受けて医師からアドバイスを貰い、ストレス解消に努めます。

外部からの刺激を受ける

人はエネルギーを持っていますが、外部からの刺激によってそのエネルギーはどんどん減っていきます。心の病気になってしまう前にカウンセリングを受け、溜まったストレスを上手く解消していきましょう。

広告募集中